刀 (銘)  兼 定      室町時代(天正頃)    美濃国
        

      本造り庵棟、半分程度磨上茎、刃長68.8p、反り1.2p、
      元巾2.8p、先巾2.2p、元重ね5o、先4o。
       地鉄、板目に木目交じり。
      刃紋、小沸付く互の目乱れ。
       帽子、乱れ込み、先、丸く返る。  
      茎、磨上茎。

      後代之定の作品です。 

      





   黒漆塗り打刀拵え、縁頭赤銅地竜図金象眼、目貫竜図、鍔、鉄地丸型透かし、。
  白鞘と外装付.藤代松雄鑑定書付   
  しのぎ刀剣美術館