刀 (銘) 賀州住兼若       江戸時代   加賀国
         

      本造り庵棟、刃長62.9p、反り0.9p、元巾2.8、先巾2.3センチ、元重ね6o、先重5o。
       地鉄、小板目、鉄色が総体に黒づむ。      
       刃紋、互の目乱れ、箱刃交じり。
       帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
       茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 
      地刃共に典型的な作品で、本作は三代目。




  
    外装付、時代赤銅仕上げハバキ付、保存刀剣鑑定書付       
    しのぎ刀剣美術館