(銘)  南海太郎正尊         昭和時代    千葉県
     
昭和四十八年二月日

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長75.8p、反り2.3p、腰反り高く踏ん張りがある太刀姿。
      元巾3.1p、先巾2.4p、元重ね7o、先5o。
      地鉄、小板目に木目交じり、地沸付く。
      刃紋、匂い出来丁字乱れ。
       帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎。切りヤスリ。

      俗名は森岡俊雄、笠間繁継、高橋貞次門人、千葉県船橋市、物故者。

      



   
白鞘付.   
  しのぎ刀剣美術館