脇差 (銘)  貞 真         室町時代    国不明
        

      平造り庵棟、うぶ茎、刃長37.2、反り0.8p、元巾2.8p、先巾2.4p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、柾目肌詰む。
      刃紋、小沸付く互の目乱れ、刃中砂流し掛かる。
       帽子、掃き掛け。  
      茎、うぶ茎。勝手下がりヤスリ 

      
      この刀工は名鑑には記されていませんが、技量の優れた刀工です。
      造り込みも良いし、鍛錬、焼き入れ、刻銘、どれをとっても手抜きがない。
      この後、解明するに足る現存品の出現があれば評価も上がるに間違いなかろう。



  
白鞘付  保存刀剣鑑定書付  
  しのぎ刀剣美術館