脇差 (銘)  相州住国秀         幕末−明治時代    相模国
       明治二年仲秋

      平造り庵棟、うぶ茎、刃長38.0p、反り0.8p、
      元巾3.0p、先巾2.6p、元重ね7o、先6o。表に竹と筍図の彫刻がある。
       地鉄、柾目。
      刃紋、互の目乱れ、砂流し盛んに掛かる。
       帽子、掃き掛け。  
      茎、うぶ茎。化粧折違ヤスリ 

      
      上州安中住、中山義弘門人、立花円龍子と号し、後に鎌倉に移住す。


   白鞘.金着せハバキ付. 保存刀剣鑑定書付 
  
  しのぎ刀剣美術館