(銘)  濃州関住二十三代藤原兼房作    昭和初期    岐阜県
      刀身ハバキ上に菊水紋
  

      本造り庵棟、刃長65.0p、反り1.4p
      元巾3.0p、先巾2.5p、元重ね7o、先5o。
       地鉄、小板目良く詰んで無地風。
      刃紋、互の目乱れ。
       帽子、直ぐに、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎、鷹の羽ヤスリ。 

      
      加藤氏、明治13年生、関市栄町、国工院名誉会員、大宗匠、優秀賞受賞。



   外装.
白鞘付 刀剣保存会鑑定書付、古研磨    
  しのぎ刀剣美術館