刀  (銘) 三井兵衛介 永竜子金光作之        江戸時代末期 
          
      本造り庵棟、刃長96.2、反り2.1p、元身幅3.3センチ、先幅2.7センチ、
       元重ね7ミリ、先重5ミリ、中切っ先伸び心。
       地鉄、小板目、刃寄りが柾がかり良く錬れて地沸付く。      
       刃紋、小沸付く互の目交じり刃中足入り、砂流し絡む。
       帽子、乱れ込み、先、掃き掛ける。
       茎、うぶ茎尻、逆鷹羽ヤスリ
刀身の裸身重量1.24s
     

       太刀金具師の石黒政近は二代目石黒政常門人の政広門人で、
       幕末から明治中期頃まで江戸下谷練堀町で活躍しました。
                


 外装の寸法 1b37p



金工師 石黒政近は名鑑によれば、俗名を豊治郎と言い東眠斎と号す。
    石黒政広門人で安政頃と記されています。

    外装.白鞘付  保存刀剣鑑定書付         

    しのぎ刀剣美術館