(銘)  関住兼松一則作         昭和時代初期    岐阜県
        

      本造り庵棟、刃長64.1p、反り1.5p、元巾2.9p、先巾2.6p、元重ね6o、先5o。
      身幅重ね共に尋常で、表裏に棒樋の彫刻がある。       
      地鉄、小板目に木目交じり良く詰んで無地風。
      刃紋、尖り互の目乱れ、三本杉風となる。
       帽子、直ぐに、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎、鷹羽ヤスリ。 

      
      銘文から岐阜県関の刀工ですが名鑑漏れ、日本陸軍受命刀匠と思われますが作品は少ないようです。



   旧日本陸軍軍装入り. 日本刀剣保存会鑑定書付  
  
  しのぎ刀剣美術館