脇差 (銘)  備中守藤原清宣         江戸時代    美濃国
       於濃州関南蛮鉄鍛之

      本造り庵棟、刃長54.2p、反り1.1p、元巾2.9p、先巾2.3p、元重ね6o、先5o。
       差し表に火焔不動尊に竜の彫刻がある。 
      地鉄、小板目に木目交じり良く詰む。
      刃紋、互の目乱れ、刃中足入り。
       帽子、直ぐに、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎、折違ヤスリ。 

      
      二代目清宣、初代の実子で関七流のうち徳永派に所属、江戸中期の関を代表する刀工です。



   白鞘. 保存刀剣鑑定書付  
  
  しのぎ刀剣美術館