刀 (銘)  濃州関住兼房            江戸時代(寛永頃)−美濃
       
  
  本造り庵棟、刃長69.8、反り1.5p、元巾3.0、p、先幅2.2p、元重ね7o、先重5o。
      身幅尋常で、表裏に棒樋と添え樋の彫刻がある。
       地鉄、小板目に木目交じり、地沸つく。
      刃紋、互の目乱れ足入り。
       帽子、乱れ込み、小丸に返る。  
      茎、僅か磨上。うぶ鑢は化粧に筋違。 






  白鞘付. 甲種特別貴重刀剣認定書付。 
  しのぎ刀剣美術館