刀 (銘)  於作州石川正光精鍛之            江戸時代美作国
        慶応二二年戊辰二月吉日

  
  本造り庵棟、刃長67.1、反り1.6p、元巾2.9、p、先幅2.2p、元重ね7o、先重5o。
       地鉄、小板目に木目交じり。身幅尋常で良い出来である。物打ち辺の表裏に小さな埋め金が施されており、珍重の後が伺われる。
      刃紋、短い焼きだしに互の目丁字乱れ。
       帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎。化粧に筋違ヤスリ。 





  白鞘付.特別貴重刀剣認定書付。 
  しのぎ刀剣美術館