刀 (銘)  備前介藤原宗次            江戸時代武藏国
        元治元年八月日

  
  本造り庵棟、刃長70.2、反り1.6p、元巾3.3、p、先幅2.8p、元重ね8o、先重6o。
      身幅h広めで、重ねも厚く、うぶ刃を残す健全さは目を見張る物があります。
       地鉄、小板目に木目交じり。
      刃紋、互の目丁字乱れ。刃中に足入り、明るく冴える。
       帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎。切りヤスリ。 







  白鞘付. 特別保存刀剣鑑定書付。 
  しのぎ刀剣美術館