短刀  (銘)  兼  永           室町末期  美濃国
            

     平造り庵棟、うぶ茎、刃長28.5p、反り−p、元巾2.7、先2.4p、重ね6o、先重4o。
      地鉄、板目に木目交じり。
      刃紋、直刃調子に互の目交じり。
      帽子、小丸に返る。
      俗名:川戸左衛門。濃州川戸出身。奈良派に属する鍛冶です。




     白鞘付 金銀色二重ハバキ  特別貴重刀剣認定書付     しのぎ刀剣美術館