脇差
 (銘)  水府住藤原近則    江戸時代 嘉永頃(約150年前)  常陸国
        

      平造り庵棟、刃長30.7p、反り0.3p
      元巾2.8p、先巾2.4p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、板目、刃寄り柾目掛かり地沸付く。
      刃紋、互の目乱れ。
       帽子、先、掃け心に丸く返る。  
      茎、うぶ茎、化粧筋違ヤスリ。 

       
      祖先は美濃国関禅定派、坂東太郎ト伝の養子となり、近則と改名。江戸にて大慶直胤にも学び、帰郷して水戸藩工となる。
      俗名:菊池豊三郎。関善定家の末裔。初名を近知。
      安政五年没。二代目は安政−明治頃に活躍した。
      本刀は初代の作品
です。







 
  
時代外装.白鞘付 特別貴重刀剣認定書付    
  しのぎ刀剣美術館