刀
 (銘)  源 信 国          江戸時代正徳)   筑前国
       筑前箱崎八幡宮境内住源信国彫同作
  

      片切り刃造り庵棟、刃長71.1p、反り1.7p。元巾3.4p、先巾3.0p、元重7o、先幅5o。
      表に棒樋、裏に剣巻竜の彫刻がある。
      地鉄、小板目詰む。
      刃紋、互の目乱れ。
       帽子、乱れ込み小丸に返る。  
      茎、うぶ茎、切りやすり。
      俗名:助左衛門。信国吉包の子。
      信国の名跡は、山城国に始まり、彫刻上手として知られ、新刀期には筑前国に波及し、幕末まで続きました。
      本作は得意とする彫刻(剣巻竜)が施されています。 
      将軍吉宗の命により、芝、浜御殿にて鍛刀しました。
      この銘文は、日本刀銘鑑で紹介の銘文と同一です。
      




   白鞘付 得能一男鑑定書付  押し型欄  
  しのぎ刀剣美術館