(銘)  濃州関住兼法        室町末期(天正頃)      美濃国
        

      平三角造り、刃長33.3p、反り0.0p。元巾3.0p、先巾3.2p、裏に岩石樋の彫刻がある。
       地鉄、板目に柾こころ交じる。
      刃紋、匂い締まる中直刃。
       帽子、焼き詰め。  
      茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。 
      




     



   外装.白鞘付き。 日本刀剣保存会鑑定書付  詳細説明  
  しのぎ刀剣美術館