(銘)  尾州住竹内兼正作       昭和時代     愛知県
      昭和二十年三月日

      本造り庵棟、刃長67.5p、反り1.6p。元巾3.2、先巾2.7p、元重ね7o、先重ね6o。
      地鉄、小板目。
      刃紋、沸出来互の目乱れ、刃中足入り、葉の働きがある。
       帽子、直ぐに小丸。  
      茎、うぶ茎、刃上がり栗尻。化粧筋違ヤスリ。


     陸軍受命刀匠。俗名:竹内兼三郎。




   外装付き。 保存刀剣鑑定書    
  しのぎ刀剣美術館