上総介兼重 

初代 
生国は越前、俗名は辻助衛門、寛永初年頃に江戸に出て和泉守を受領した。
大成して藤堂家に抱えられた。作風には同郷の下坂康継との交流があるので
類似点が見られる。また、虎徹の師とも云われています。良業物。

二代
初代兼重の実子、俗名は辻助衛門、越前三代目康継や、法城寺正照と技術交流がある。
作風が虎徹に似ているため銘消されて虎徹に化けている物が有るという。
本作の場合も銘消しをされ掛かった物であろうか底名に成っています。兼重は上総介を受領して後に上総守に転じた。良業物。


脇差
 (銘)  上総介兼重            江戸中期     武藏国
        
二つ胴土壇払

      片切り刃造り庵棟、刃長53.4p、反り2.2p。元巾2.8、先巾2.5p、元重ね5o、先重ね4o。
      表裏の腰元に棒樋に添え樋の彫刻がある。
       地鉄、小板目。
      刃紋、太直刃のたれ調子に互の目足入り。
       帽子、直ぐに小丸。  
      茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。


     本作は二代目兼重の作品ですが、銘文が外装合わせのためか底名となっている。




   白鞘付き。 日本刀剣保存協会.貴重刀剣認定書付
  しのぎ刀剣美術館