(銘)  兼 得 作       室町時代     美濃国
      

      本造り庵棟、刃長73.6p、反り1.6p。元巾3.0、先巾2.5p、元重ね6o、先重ね5o。
      地鉄、小板目に次沸付く。
      刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中砂流し掛かり足入る。
       帽子、掃き掛け風。  
      茎、僅かに茎尻を摘む、初ヤスリは鷹の羽。


     関七流の内の奈良派の刀工で、業物の作者として知られています。





 

外装付き。 保存刀剣鑑定書  
  
  しのぎ刀剣美術館