短刀
 (銘)  村 正              室町時代      伊勢国 
      

      平造り庵棟、刃長29.5p、反り0.3p。元巾2.7、先巾2.3p、元重ね4o、先重ね4o。
      裏に幅広で豪快な棒樋の彫刻がある。
      地鉄、板目に木目交じり。
      刃紋、匂い口締まり心の互の目乱れ、表裏共に乱れ刃紋が良く揃っている。
       帽子、丸く返りは深い。  
      茎、うぶ茎、浅い勝手下がりヤスリ。


     二代目。





   白鞘入り。 日本刀剣保存会鑑定書付 鑑定書裏面説明書   全身写真(表) (裏)
  しのぎ刀剣美術館