(銘)  猪 広重   武州下原     江戸時代  武蔵国
      

     
本造り庵棟、刃長64.7p、反り0.3p。元巾3.0、先巾2.7p、元重ね7o、先重ね5o。
      地鉄、板目、よく練れる。
      刃紋、小沸でき中直刃、小乱れ足入り。
       帽子、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎、筋違いヤスリ。

    
      武蔵国八王子の下原鍛冶。下原広重の鑢目は通常「横切」だが、希に本作のように筋違いの物を見る。
      猪は摩利支天または愛宕神社の使いとされている。




  白鞘入り、特別貴重刀剣認定書付。 
  しのぎ刀剣美術館