短刀 (銘)  越中住藤原清光           江戸中期     越中国
      

     
平造り庵棟、刃長28.0p、反り0.2p。元巾2.6、先巾2.2p、元重ね6o、先重ね5o。
      地鉄、板目流れ柾がかる。
      刃紋、小沸でき互の目乱れ、刃中足入り、砂流し掛かり飛び焼き混じる。
       帽子、丸く返る。  
      茎、うぶ茎、浅い勝手下がりヤスリ。


     越中国富山住、重清の子供、業物として知られる。



   白鞘付き。貴重刀剣認定書付 
  しのぎ刀剣美術館