脇差 (銘)  常州小林正近作    江戸時代    常陸国
       
文久三年吉日

      鵜首造り庵棟、うぶ茎、刃長43.6p (1尺4寸3分8厘)、反り1.0p
      元巾3.8p、先巾3.6p、元重ね6o、先3o。
       地鉄、板目に木目交じり。
      刃紋、互の目乱れ、刃中砂流しかかる。
       帽子、乱れ込み、先、掃きかけて返りは深い。  
      茎、うぶ茎。筋違いやすり。
      土浦藩士。藩主の愛刀を鍛造。









 
  外装付  時代ハバキ付     
     
  
  しのぎ刀剣美術館