(銘)  大和大掾藤原正則           江戸時代     越前国
      

     
本造り庵棟、刃長67.4p、反り1.3p。元巾3.0、先巾2.5p、元重ね7o、先重ね5o。
      地鉄、小板目、時沸付く。
      刃紋、小沸出来互の目乱れ、尖り刃、飛び焼き交じり、刃中足入る。
       帽子、浅く乱れ込み、先、小丸に返りは深い。  
      茎、うぶ茎尻、区送り、筋違いヤスリ。

     初代正則の作品です。本国は山城国、越前福井に移住して兼法門に学ぶ。良業物として著名です。




   外装、角付き白鞘入り。金着せ一重ハバキ、 保存刀剣鑑定書付 
  しのぎ刀剣美術館