短刀 (銘)  助 延         室町時代    備前国
        

      平造り庵棟、うぶ茎、刃長18.5p 、反り0.p。
      元巾1.9p、先巾1.3p、元重ね6o、先4o。
       地鉄、正目流れ、淡く映り立つ。
      刃紋、小沸でき互の目乱れ。
       帽子、先。尖って返る。  
      茎、うぶ茎、栗尻、ヤスリ目は不明。
      
      備前国長船派の刀工で、室町初期の大永頃(480年前)に活躍しました。
      

銘文の為に拡大しています。


  外装付  刀剣保存会鑑定書付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館