刀 () 石州出羽住直綱濃州於関造之  江戸時代(貞享頃) 石見国
                    

        本造り庵棟、刃長71.5p 、反り1.3p、身幅重ね尋常な造り込み。
      地鉄、柾目流れて地沸つき、地景あらわれる。      
      刃紋、小沸出来互の目乱れ、尖り刃交じり、刃中砂流しかかる。
      帽子、掃けこころに小丸。
      茎、僅か磨上、筋交いヤスリ。
 
    

 





           表                            裏


    白鞘付          日本刀剣保存会鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館