脇差 ()  相模守宗国       江戸時代   武蔵国
         真十五枚甲伏造           

       本造り庵棟、刃長54.2p 、反り1.8p、元巾3.1、先巾2.9センチ、元重ね6o、先5ミリ。
      地鉄、板目に木目交じり地沸付く。      
      刃紋、小沸出来互の目乱れ、刃中足入り。
      帽子、直ぐに、先、小丸。
      茎、うぶ茎、筋交いヤスリ。地刃健全で出来も良い。
      
      下原派、大村加ト門人、始め「広重」銘でしたが、水戸光圀の陣刀を鍛え「宗国」を賜る。
      業物。
     



    白鞘付  保存刀剣鑑定書付

    
しのぎ刀剣美術館