刀 ()  信濃守藤原信吉       江戸時代   山城国
                    

       本造り庵棟、刃長68.4p 、反り1.7p、元巾2.9、先巾2.2センチ、元重ね8、先5ミリ。
      地鉄、小板目に木目交じりよく詰む。      
      刃紋、小沸出来互の目乱れ。
      帽子、乱れ込み、先、小丸。
      茎、僅かに区送り、鷹羽ヤスリ。
      
      正保頃の初代信吉の作品。三品系で俗名は高井金三郎、越前守信吉の兄。
      業物。
 
     



    白鞘付  貴重刀剣認定書付

    
しのぎ刀剣美術館