刀 () 横山加賀介藤原祐永 嘉永三年二月日    江戸末期   備前国
       菊紋一 備陽長船郷

       本造り庵棟、刃長70.7p 、反り2.2p、元巾3.1、先巾2.8センチ、元重ね7o、先5ミリ。
      地鉄、小板目詰み無地風。      
      刃紋、互の目丁字乱れ、刃中足入り明るく冴える。
      帽子、乱れ込み、先、丸く返る。
      茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 
      
      二代目祐永、初代祐永の実子、本作は初期の出来見事な作品です。





太刀金具師は肥後金工で縁金具と鍔に (銘) 熊谷義次.文久元年辛丙 と刻銘されている。
鍔には 法印雅信帯之 とあるも人物の特定は出来ていません。

    外装.白鞘付 刀身は特別貴重刀剣、外装は特別貴重小道具認定書付  
    
しのぎ刀剣美術館