刀 () 丹波守吉道            江戸時代   摂津国
                    

       本造り庵棟、刃長67.9p 、反り2.2p、元巾2.9、先巾2.3センチ、元重ね6o、先5ミリ。
      地鉄、小板目詰む。      
      刃紋、小沸付く簾刃、刃中砂流し盛んにかかる。
      帽子、のたれ込み、先、小丸。
      茎、うぶ茎、筋交いヤスリ。
 
     

     
大阪丹波 三代目の典型作です。





    角付きの白鞘付  
    
しのぎ刀剣美術館