刀 (銘)  浄雲斎羽山円真         明治時代    武蔵国
      明治四一年八月日

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長68.3p 、反り1.5p。
      元巾3.0p、先巾2.4p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、小板目詰んで無地風。
      刃紋、太直刃に小互の目足入り。
       帽子、直ぐに、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎、雉股型、化粧に筋違いヤスリ。
      
      鈴木正雄門人、江戸四谷住、洋鉄鍛錬の名人、粟田口伝を成す。
      




  白鞘付  日本刀剣保存協会.特別貴重刀剣書付き 
     
  古研磨のため斑点状の汚れが目立ちますが、手入れ次第で落ちますので
        研磨するのは控えたいと思います。

  しのぎ刀剣美術館