脇差 (銘)  藤原国広         江戸時代    山城国
        

      平造り庵棟、うぶ茎、刃長36.5p 、反り0.7p。
      元巾3.2p、先巾2.8p、元重ね6o、先5o。表裏に棒樋の彫刻がある。
       地鉄、板目に木目交じり、ざんぐりとする。
      刃紋、のたれに互の目交じり、小沸付きき、刃中細かい砂流し掛かる。
       帽子、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎、栗尻、ヤスリ目は大筋違。
      
      本国は日向国、山城国堀川に住む、関東の足利学校でも打つ。
      新刀の元祖的存在である。
      




  外装付  日本刀剣保存協会、甲種特別貴重刀剣認定書付き 追加画像
     
  
  しのぎ刀剣美術館