脇差 (銘)  河内守国助         江戸時代    摂津国
       寛文三年八月日

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長51.5p 、反り1.0p。
      元巾3.1p、先巾2.8p、元重ね6o、先重5o。
       地鉄、板目に木目交じり。
      刃紋、匂い出来、直ぐ焼き出しに拳型丁字乱れ、刃中足入る。
       帽子、直ぐに、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎、筋違いヤスリ。
      
      国助は堀川国広門人で、初代、二代.3代と続きました。
      二代目を通称中河内と呼び他と区別しています。
      




                           鍔(銘)江府住利政 赤銅地雨竜図透かし、伊藤派、文化頃

 外装、白鞘付   日本刀剣保存協会 特別貴重刀剣認定書付