脇差 (銘)  水心子正秀  刻印      江戸時代    武蔵国
       文化7年7月日
 

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長53.0p 、反り1.5p。
      元巾3.1p、先巾2.8p、元重ね7o、先5o。
       地鉄、板目に木目交じり、地沸厚く付く。
      刃紋、小沸でき互の目乱れ、飛び焼き交じり皆焼となる。
       帽子、先、掃け心に返る。  
      茎、うぶ茎、刃上り栗尻、化粧に筋違いヤスリ。
      
      本国は米沢、下原派の刀工や、綱広にも学ぶ、復古刀論者。
      




  白鞘付  特別貴重刀剣認定書

  しのぎ刀剣美術館