脇差 (銘)  松村昌直         江戸末期    肥後国
      
寛政五年八月日


      本造り庵棟、うぶ茎、刃長48.9p、反り0.8p。元巾2.8p、先巾2.4p、元重6o、先重5o。
       地鉄、小板目に正交じり、良く詰む。
      刃紋、小沸出来、直刃に互の目交じり、刃中砂流し働く。
       帽子、直ぐに先掃け心に丸く返る。  
      茎、うぶ茎、切りやすり。
      
      熊本藩士、正良門人。薩摩相州伝の代表工です。




  白鞘付  刀剣保存会鑑定書付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館