刀 (銘)  摂州住藤原永路         江戸時代    摂津国
        

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長63.6p 、反り1.6p。
      元巾3.0p、先巾2.5p、元重ね7o、先5o。表裏に棒樋の彫刻がある。
       地鉄、小板目に地沸付きざんぐりとする。
      刃紋、小沸でき互の目乱れ、刃中砂流し掛かり、足入り明るく冴える。
       帽子、乱れ込みて返る。  
      茎、うぶ茎、突っ掛け筋違いヤスリ。
      
      出羽大掾国路門人、永路の刻銘は初期銘で、晩年は永道と改名しました。
      古研磨を仕上げ直しましたので一段と銘刀の雰囲気が出ました。
      



銅に金メッキの一重ハバキ。


  外装付  刀剣保存会鑑定書付き 

   この商品は昔の研磨のままでしたが研磨仕上げ直ししました。
   

  しのぎ刀剣美術館