脇差 (銘) 菊紋 泰信法橋源光平         江戸時代    武蔵国
        
天和二年十一月.於松城作之.北沢氏正頼所持

      [体配] 本造り庵棟、身幅広めで中切先、京反りで重ねも厚め。
      [寸法] 刃長53.1、反り1.5p、元巾3.2p、先巾2.8p、元重ね7o、先5o。
      [彫刻] 表裏に丸留めの棒樋の彫刻がある。
       [地鉄] 小板目柾目交じり、淡く映り立つ。
      [刃紋] 大房の丁字乱れ、刃中明るく冴えて足入る。
       [帽子] 直ぐに先、掃け心に返る。  
      [茎]  うぶ茎、栗尻、ヤスリ目は筋違。
      
      [刀工紹介] 本国は近江国蒲生郡、元和六年生れ。日置、京から江戸に移住して鍛刀した。
            江戸石堂の中心的刀工で「出羽守」を受領、寛文三年頃入道して泰信と号し、法橋にも叙せられた。




  角付き白鞘付  日本刀剣保存協会、甲種特別貴重刀剣認定書付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館