脇差 (銘)  武蔵住石堂盛国造       江戸時代    武蔵国
        

      [体配] 本造り庵棟、身幅重ね共に尋常で中切先、寛文時代の典型的姿です。
      [寸法] 刃長58.4p 、反り0.9p。元巾3.0p、先巾2.5p、元重ね6o、先5o。
      [彫刻] なし。
       [地鉄] 板目詰み地沸付く。
      [刃紋] 互の目乱れ、小沸付き匂い深めで、刃中足入り、砂流し掛かる。
       [帽子] 直ぐに、先、中丸に返りは深い。  
      [茎]  うぶ茎、刃上がり栗尻、ヤスリ目は筋違。
      
      [刀工紹介] 本国は山城国、俗名は鉄五郎、石堂派。            





  白鞘付  日本刀剣保存会、正真鑑定書付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館