(銘)  備州長船祐定         室町時代    備前国
      天正三年八月日

      [体配] 本造り庵棟、中切先、身幅重ね共に尋常で腰反り。
      [寸法] 刃長6.7p 、反り1.8p。元巾3.0p、先巾2.2p、元重ね6o、先5o。
       [地鉄] 板目に木目交じり。
      [刃紋] 互の目乱れ。
       [帽子] 乱れ込み、先、丸く返る。  
      [茎]  うぶ茎、栗尻、ヤスリ目は勝手下がり。
      
      [刀工紹介] 長船祐定を名乗る刀工は、名鑑によれば数十工数えます。
            従って個別に鑑別することは至難であります。




  
 
 


  武家太刀拵え.白鞘付  藤代松雄鑑定書付き 保存刀剣鑑定書付
     
  
  しのぎ刀剣美術館