刀 () 安 家                江戸時代   武蔵国
                    

        [体配] 本造り庵棟、中切先詰まり心、京反り、時代の特色で反りが浅い。
      [寸法] 刃長71.2 、反り0.7p、元巾3.0、先巾2.5センチ、元重ね6o、先重5ミリ。
      [地鉄] 板目、地沸付き良く詰む。      
      [刃紋] 小沸良く付く互の目乱れ、刃中足入り、細かい砂流しかかる。
      [帽子] 湾れ込み、先、小丸。
      [茎]  うぶ茎尻、刃区送り、筋交いヤスリ。
 

      
[刀工紹介] 名鑑によれば、安家と刻銘の刀工は二工あり、武蔵太郎安国門の安貞門下の安家と
            大和守安定門下の安家とが記されていますカが、本作は後者であります。






    
旧陸軍軍装、白鞘付  日本刀剣保存会鑑定書付  
    
しのぎ刀剣美術館