(銘)  靖 徳         昭和時代    東京
      昭和十三年七月吉日
  

      [体配] 本造り庵棟、身幅重ね共に尋常で、腰反り心の上品な姿。
      [彫刻] なし。 
      [寸法] 刃長68.5、反り2.0p、元巾3.0p、先巾2.2p、元重ね7o、先5o。     
      [地鉄] 地鉄、小板目、総体に良く詰む。
       [刃紋] 互の目乱れに丁字交じり。
      [帽子] 乱れ込み、先、小丸に返る。
       [茎]  うぶ茎、タナゴ腹風、栗尻、切りヤスリ。
      
      [作品と刀工紹介] 梶山靖徳、昭和十三年に靖國神社内の日本刀鍛錬会の鍛錬場で精鍛した太刀。世に言う「靖國刀」である。
      昭和八年に設立された鍛錬会の目的は将校の高品質の軍刀の鍛造にあった。
      靖徳は同会設立から参加。荒木貞夫陸相から靖徳の名を賜り、代表的刀匠の一人として活躍しました。




  白鞘付  日本刀剣保存協会、保存刀剣鑑定書付き  

  しのぎ刀剣美術館