刀 () 亀井昭平作之              平成時代  美濃国
      平成十六年初秋

        [体配] 本造り庵棟、中切先で京反り、表裏に棒樋の彫刻がある。
      [寸法] 刃長70.8、反り1.8p、元巾3.0、先巾2.6センチ、元重5o、先重4ミリ。
      [地鉄] 小板目詰み無地風。      
      [刃紋] 互の目丁字乱れ、刃中足入る。
      [帽子] 乱れ込み、先、尖って返る。
      [茎]  うぶ茎、筋交いヤスリ。
 

      
[刀工紹介] 亀井昭平、昭和二年生まれ、兼延門人、岐阜県加茂郡富加町住、全日本刀匠会会員。




    拵え付    
    
しのぎ刀剣美術館