短刀 () 相州住広正             室町時代  相模国
     

        [体配] 平造り庵棟。
      [寸法] 刃長26.4 、反り0.1p、元巾1.9、先巾1.6センチ、元重7o、先重5ミリ。
      [地鉄] 板目に木目交じり地沸付く。      
      [刃紋] 小沸付く直刃。
      [帽子] 先、小丸。
      [茎]  うぶ茎、切りに近い勝手下がりヤスリ。
 

      
[刀工紹介] 広正は初代広光の弟子を初代に、その名跡は室町末期頃まで続きました。
            この広正は五代目の作品と思われます。





    拵え、白鞘付  日本美術刀剣保存協会.保存刀剣認定書付  

    
しのぎ刀剣美術館