短刀  (銘)  国 武           江戸時代   大和国

       [体配] 平造り庵棟、表裏に腰樋の彫刻がある。
      [寸法] 刃長29.4、反り0.4p、元巾2.9、先巾2.6センチ、元重7o、先重5ミリ。
      [地鉄] 板目に木目交じり。      
      [刃紋] 直ぐ焼き出しに拳丁字乱れ、刃中足入る。
      [帽子] 先、小丸に返る。
      [茎]  うぶ茎、化粧に筋交いヤスリ。
 

      
[刀工紹介] 大和国郡山住、河内守二代国助門人、大和守を受領、初銘「助包」
            本田家の抱え工と成る。




  
   白鞘付      刀剣保存会鑑定書付   
   しのぎ刀剣美術館