刀 () 大和大掾正則           江戸時代  越前国
     
肥後大掾正勝

      [体配] 本造り庵棟、中切先で浅い京反り。
      [寸法] 刃長68.1、反り1.3p、元巾2.9、先巾2.4センチ、元重6o、先重4ミリ。
      [地鉄] 小板目。      
      [刃紋] 互の目乱れに尖り刃交じり、刃中足入る。
      [帽子] 直ぐに、先、尖って返る。
      [茎]  磨上って刃区送り、元ヤスリは筋違い。
 

      
[解説] 山城の三条吉則の末裔という正則と、播州から移住してきた正勝との合作で、
          同工達の研究には好資料の一振りであります。
          





    ハバキは銀無垢に取り替えました。
    白鞘付  日本刀剣保存会.正真鑑定書付  雑誌「鐵舟」所載品 

    
しのぎ刀剣美術館