脇差 () 山城守秀辰             江戸時代(寛文頃)  摂津国
     

        [体配] 本造り庵棟、中切先、身幅広めで、浅い京反りの造り込み。
      [寸法] 刃長51.3、反り0.8p、元巾3.0、先巾2.6センチ、元重6o、先重5o。
      [地鉄] 小板目に木目交じり、地沸つく。      
      [刃紋] 直刃調子で浅く湾れ、小沸付く。
      [帽子] 湾れ込み小丸。
      [茎]  刃区送り。鷹羽ヤスリ。
 

      
[刀工紹介] 初代秀辰は、本国美濃関得印派。俗名を権兵衛といい政常門人。
            本作は、二代目秀辰で清重の子という。摂津より江戸へ移住し、常陸守から山城守に転じました。



    白鞘付  日本刀剣保存会鑑定書付  

    
しのぎ刀剣美術館