脇差 () 相州住広正             室町時代(天文頃)  相模国
     

        [体配] 菖蒲造り庵棟、身幅広めで豪壮な感じ、表に草の剣巻龍、の彫刻がある。
      [寸法] 刃長36.4、反り0.6p、元巾2.8、先巾2.6センチ、元重4o、先重3ミリ。
      [地鉄] 板目流れて肌立ちこころ。      
      [刃紋] 小沸付く互の目乱れ。
      [帽子] 小丸。
      [茎]  うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 

      
[刀工紹介] 初代広正は、広光の門人で南北朝期の刀工です。同銘は室町末期まで続き、
            作刀は短刀も見られますが、殆どは小脇差が多いようです。
          本作は、六代目の広正と鑑定された一振りです


    外装付  日本刀剣保存会鑑定書付  

    
しのぎ刀剣美術館