脇差 () 兼 元             室町時代(天正頃)  美濃国
     

        [体配] 本造り庵棟、中切先、身幅細めで腰反り。
      [寸法] 刃長42.3、反り0.9p、元巾2.6、先巾2.0センチ、元重5o、先重4ミリ。
      [地鉄] 板目流れて柾目がかる。      
      [刃紋] 互の目乱れ、三本杉風。
      [帽子] 乱れ込み、先、小丸。
      [茎]  うぶ茎、檜垣ヤスリ。
 

      
[刀工紹介] 兼元の初代は濃州赤坂派で、有名な孫六は二代兼元で最上大業 物として著名です。
            兼元を名乗る刀工は数工あり、三代目以降を後代兼元と呼ばれています。
            本作は後代兼元で、ハバキ内側に山長の印があり、清水次郎長の指料と思われます。



    外装付  鑑定書付  最後の写真物打ち辺の白い傷は鞘当たりです。

    
しのぎ刀剣美術館