脇差 () 濃州関住兼成作        室町時代(天文頃)  美濃国
     

        [体配] 平造り庵棟、先反りのつく造り込み。
      [寸法] 刃長36.6、反り0.8p、元巾2.7、先巾2.3センチ、元重5o、先重4o。
      [地鉄] 板目流れて柾がかる。      
      [刃紋] 直刃調子で飛び焼き交じり、皆焼調になる。
      [帽子] 先、掃け心に丸く返る。
      [ 茎 ] うぶ茎、檜垣ヤスリ。
 

      
[刀工紹介] 関七流の内の奈良派の刀工とされている。
            名跡は新々刀期まで続いた様です。



    外装.白鞘付  <鑑定書>外装:特別貴重、刀身:特別貴重刀剣  

    
しのぎ刀剣美術館