脇差 () 関住兼氏             室町時代(天正頃)  美濃国
     

        [体配] 本造り庵棟、中切先、京反りで品の良い造り込み。
      [寸法] 刃長46.0、反り0.9p、元巾2.8、先巾2.4センチ、元重6o、先重5o。
      [地鉄] 小板目詰む。      
      [刃紋] 互の目乱れ。刃中金線、砂流し働く。
      [帽子] 小丸。
      [茎]  うぶ茎、檜垣ヤスリ。
 

      
[刀工紹介] 鎌倉末期頃、大和国手掻派の包氏が美濃国に移住し志津派を興こして兼氏と改めて、
           直江に移住した直江志津派の兼氏の名跡は室町末期に室屋派に吸収され、さらに末関の各工と合流した。
            本作の兼氏は、赤坂兼氏の末流で、清水に住んだ兼氏です。



    外装.白鞘付  日本刀剣保存会鑑定書付  

    
しのぎ刀剣美術館